Sword Magic World

  • 2011.10.07 16:13
  • Cat:SMW
スカイの右肩から斜めに左胸まで斬られている
『これはまさか・・・ ”勇者蒼矢”再来でしょうか? それとも本人か!?』
スカイ  100/2300
涼     24/2035
スカイは驚いて血のエフェクトで赤く濡れている傷口を手で触り確認する。俺は刃を元の長さに戻して佇む。
(すげー・・・・一振りであそこまでHPを削るなんて・・・)
「君・・・・その『力』どこで手に入れたんだ・・・・?」
「え・・?」
「もう一度聞く・・・どこで手に入れた!?」
「分かんないが・・・リアルで夏神石に触って切った傷から輝いてるんだけど・・・」
「いつだ・・・その傷ができたのは・・・・・?」
「昨日の昼間ぐらいだ」
「そうか・・・・まだ・・『力』を扱えきれてないな・・・」
スカイは俺に向かって双剣を前に構えながら走ってきた。スカイは俺の前1mぐらいまで行くと上に跳ぶ。俺はその滞空時に刃で攻撃しようとする。
刃はスカイに向かって長く伸び、とどめの一撃を与えようとする。
スカイはくるりと体を回転して双剣で刃の突きを防ぐ。すさまじい刃の威力だが、スカイもその威力に衰えていなかった。落ちてくる時に左剣で縦に剣を振り落とす。
俺は刃を光の盾に変換し、攻撃が通ってしまうぎりぎりの所で金属音をならしながら防ぐ。ガードされてひるんだスカイに俺は盾を刃に変えて、横に刃を振る。
その瞬間、刃は元の「風月刀」に戻ってしまい、スカイに攻撃が通らなかった。
『おおっと!! 涼選手の刃が跡形も無く消滅してしまいました!! 』
「さっきまでの勢いはどうしたんだ!? 涼!」 「そうだそうだ! 」
観客からの野次も聞こえるけどもキーボードをすばやく打ってもPCが動けない。左手の甲を確認してみると輝きがなくなっていて変哲もない左手に戻っていた。
「なっ・・・・時間切れなのか・・・?」
俺はPCを動かすが通常時の動きの半分以下の速さになっている。ステータスを確認してみると全てが通常時よりも下回っていて攻撃力が大幅に低下している。
その上ジャンプ力は0になっていた。すなわち跳ぶ事やステップを踏む事ができなくなっている。こんなこと普通はまずないバグでもない限り。
遅いがPCをスカイから距離を離して一刀を構える。
「力を使いすぎたな・・・涼・・・」
スカイが俺に向かって双剣を合わせる。そのまま突進してきた。おそらくここで決着をつけるつもりなのだろう。
俺もスキルで応戦と行きたいところだがMPが底を突いている。俺は一刀を地面につきそうなくらいまで下げて走る。
「うぉぉぉぉ!!」「いっけぇぇぇ!」
攻撃が交わって周りに金属音を鳴らす。 スカイの双剣がピキペキと音を鳴らしながらヒビが入っていくのが目に入る。一刀も随分とガタがきている。
凄まじい衝撃がPCを襲う。すると一刀がベキっと音を鳴らして接触部分から二つに割れてしまった。
そのままスカイの突きの双剣が俺の胸に突き刺さる。 俺の残り少ないHPを減っていきやがては0になった。
涼   0/2035
スカイ 3/2300
俺の体は灰色になっていきキーボードを打っても動かない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

うん・・・スカイ戦終了。大した文才もないしストーリー構成のない私にはこれが限界です・・・(lll_ _)
最近ソードアートのアニメ化って聞いて授業中にはしゃいでしまった・・・新たなる黒歴史の一ページ確定だな。
ラノベ作家には尊敬しますね。自分もなりたいなぁって思う時もありますがとてもじゃないですけど次元が違いすぎます・・・・OTZ
まぁこれからも「SMW」よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

おお!
なんだか続きが出ていますね。
ご無沙汰しておりますgrhoです。

SAOのアニメ化、自分も盛り上がりましたね~。
学校で一日中変なテンションでした。

なんだか、ファンタジー要素が話に絡んできたところ。ここからの展開を楽しみにしています。
更新頑張ってください!
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。