Sword Magic World

  • 2011.09.21 13:46
  • Cat:SMW
「はぁ・・・はぁ・・・・・」
俺はスカイに向かって走り、通常攻撃を加えていく。 だが、全ての攻撃を避けたり、防がれたりして最低限のダメージしか受けない。 スカイは俺の攻撃した後に尽かさず攻撃してくるが、俺はそのまま攻撃を受けてしまう
   スカイ  2189/2300
  涼   1800/2035
俺は攻撃をやめ、後ろに跳ぶ。 上に刀をあげてスキルを発動する。
       「初振・月」
「!!」
真下にいるスカイに向けて白光する斬撃を放つ。放った先にはもうスカイは居らず、どこに行ったのか分からない状況になっていた。ゴオオと凄まじい轟音を出して斬撃が地面をえぐる。俺は下に降りて辺りを見回す
すると、右腕が肩から斬りおとされていた。
「・・・・っ!?」
「おいおい・・・この程度なのかい?」
スカイは俺の後ろに回っており、左刀で振り落としていた。HPが物凄い勢いで大幅に削られていく俺は一刀で攻撃するが左刀で防がれてしまう。
(この人・・・・強すぎる・・・・) スカイが上に跳び、くるりと一回転体を回し、スカイがかかと落としで俺を頭の上から叩き、地面にたたきつけられる。地面は割れ、割れた所の間に埋まってしまう。
そしてまた大量のHPが消費していく
俺は間から跳びおき、刀を支えにして立ち上がる。
    スカイ  2180/2300
 涼   1210/2035
俺の頭から血のエフェクトで流れてきている。 凄くリアルだ
俺は刀を横に構えてスキル発動する
      「初振・乱」
スカイに大量に一刀で目にも止まらぬ連続の突きを浴びせる。 スカイは全てを見極めてガードしたり受け流したり避けたりする、。そしてスカイは俺の後ろに回っており、蹴りを俺の腹に喰らわせて吹き飛ばす

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。