Sword Magic World

  • 2011.08.30 10:21
  • Cat:SMW
俺もオオガミに向かって走り、通常攻撃を2,3発放つ
しかし、ほとんどのダメージが1。
「チッ・・・・」
俺がオオガミに苦戦してるときに、シークローズはオオガミに目にも止まらぬテクニックで攻撃を何発も叩き込んでいる
シークローズは後ろにジャンプし、構えをとる
そして魔方陣を展開し、スキルを発動する
「短刀・蒼炎!」
双剣に蒼い炎が帯び、シークローズがその炎を斬撃にのせて放つ。
オオガミは一つは体を地面に押し付けて避けるが、もう一つの方は避けきれずに直ダメージ
2152という4桁ダメージだった。
オオガミ HP 241861/270000
(どんだけ・・・HPあるんだよ・・・・)
俺はそのダメージに目を細めて唖然としていた。
気を変えて、俺はオオガミの後ろに走っていく。
途中で感づかれないように慎重に音を出さないようにするのを忘れていなかった。
そしてスキルをオオガミの後ろから発動する。
    「初振・乱」
オオガミに突っ込み、一刀で何度も目が追いつけない速さで斬る。
しかし、後ろからなのでクリティカルだが3~4のダメージしか与えられない。
キーボードの「Enter」を汗が出ながら連打する。
コンボ数は2秒間で60回、合計458ダメージ。
オオガミにとってはかすり傷にもならない数値。
オオガミの尾がブンと音を立てて、俺に向かってくる。
咄嗟にガード体勢に入るものの尾の勢いでバトルエリアの壁にたたきつけられる
「なっ・・・・がっ・・」
すぐに自分のHPの数値を確認する
     涼 HP 10/810 MP 214/250
(なんてダメージだ・・・ただの軽い接触ダメなのに・・・)
俺は地面に倒れる
「涼! 早くHPを回復させて」
俺はハッと我に戻り、急いでポーションで回復を行う。
シークローズは着実にオオガミのHPを削っていく。
「双剣・葉莫迦!」
葉っぱがオオガミの上から降って、葉は毒の付加能力の入った、刃。
単位は100ぐらいだがどんどんHPを削っていく。
するとオオガミの口からPC並みの大きさのブレスを放ってくる。シークローズは避けるが左手のエルボーを食らい、HPが削られて気絶状態に陥る。
「くっ・・・気絶能力・・・なの・・」
俺は少しでもオオガミを夏美(シークローズ)から離すために攻撃を連打する
オオガミの尾が俺に当たりそうになるが避けて、攻撃を連打する。そしてスキルを発動する
   「初振・一閃」
オオガミを一瞬で一斬、そしてダメージを与えて、気絶を狙う。
一瞬気絶はするがすぐに回復して俺に攻撃をしかけてくる
「ぐっ・・・・死ぬのか?・・・・」
その時シークローズのスキル「双剣・蒼炎」の蒼い炎の斬撃がオオガミが俺に向けて出した左手に辺りに直撃し、メラメラと蒼い炎がオオガミの左手を燃やす。
「この状態じゃ埒があかねぇ・・・・」
「涼アンタ・・・・パーティースキル使わないの?」
「パーティースキル?」
「うん・・どんな職でもパーティースキルはあるの・・・・その中でも二武器系のパーティースキルは郡を抜いて強いの・・・それなら今の状態を打開できるかも・・・」
俺はスキルウィンドウとスペルウィンドウをあけて、そのパーティースキルを探す。
するとポイント振りした覚えのないスキルに目についた そのスキルは振ってないのにも関わらず、スキルが使用できる状態だった。
「これか・・・『パーティーウェポンチェンジ』?・・・・」
「早くそのスキル使って!」
だが使おうとするが発動しない。 何度も連打するが一向に発動する気配がしない。
「なんで発動しないんだ・・・」
その時、オオガミの右手が俺の方向に向かって殴りかかってきた。
俺は咄嗟の判断で右側に避け、直撃を防ぐが、衝撃波が大きく、吹き飛ばされてしまう。
スキルウィンドウを確認してみるとそのスキルはコマンド型。
コマンドは xxxxx↑w↓ccccc
(うっ・・コマンドは好きじゃないんじゃないんだよ・・・・・)
コマンドを入力するとスペルバーが構築されて、残り30秒と表示される。
「なんだこのスキル・・・・発動までかなり時間が・・・・・・」
その時、おれは動こうとするがまったく動けず、詠唱モードに入ってる。
この状態じゃ敵に滅多打ちにされるのが考える必要がない。
(夏美に守ってもらうしかないか・・・)
「夏美・・・頼めるか? 30秒間・・・・」
シークローズはコクリと首を縦に振った。








関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。