2章

  • 2013.01.04 09:32
  • Cat:SMW
店を出ると何やらプレイヤー達のチャット文字が夥しい程、画面がいっぱいになるぐらい流れてる。
「なんだ・? 暴動でも起きたのか?」
騒ぎの方へ走っていく青年風なアバターのプレイヤーに話しかける。
「ん? あぁ、馬鹿がGMにデュエル挑むらしい」
「そうなのか、少し面白そうだな」
「まぁ、すぐに監獄エリアに飛ばされそうだけどな」
監獄エリアというのはゲームには接続できるが一定の期間タウンや通常エリアに戻れなくなる。
しかもスキル、スペルが使用不可になり、唯一使えるスキルは武器のスキルやエクストラスキルのみとなるが
武器スキル、エクストラスキルなんて持ってる奴なんかほとんどいないので、ほぼスキル封じをされている。
一定の期間というのはGMが設定する。 半日で出れる人もいれば1週間しないと出られない人もいる。
脱出は一応できるが、監獄エリアの東西南北にある門の番人モンスターを倒さなければならない。
番人モンスターは常時スキル『通常攻撃無力化』を設定されてあるので倒すのは非常に難しい。
「俺も見に行こうかな、一緒にどう?」
青年プレイヤーは「いいよ」と軽く相槌。
暴動の場所に行くと流浪人みたいなプレイヤーが軍服らしき装備をしたGMに攻撃を繰り返している。
しかし、全ての攻撃やスキルを紙一重で避けている。
例え当たるとしてもほとんどダメージがない。
「畜生がぁ、、、」
「もう諦めろ。監獄エリアに飛ばされたいのか?」
「はっ、監獄エリアに飛ばすにはPKしないといけないんだろ?」
GMが腰に差してある両手剣を取り出し、構える。
「それならばPKすれば良い事」
「こっちだってそう何度も監獄エリアに飛ばされてたまるか」
両方の剣技の凄まじさに砂埃が渦をまく。
なんなんだあの流浪人型プレイヤー、GMと対等にやりあってるじゃないか。
だけどなんだかGMの動き、少し遅い感じがするのは気のせいか?
「さて、私も本気で行こうかな」
GMの剣を振る速度が跳ね上がる。尋常じゃないぐらいの速度に剣先がほとんど見えない。
その速度の剣を流浪人は到底敵うはずはなく、すぐにHPゲージが赤色まで削られる。
なんて速度だ、一瞬であそこまで削るとは。
「さて、監獄エリアに送ってやる。」
流浪人は頭を剣で刺され、PKされた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。