二章

  • 2011.11.27 14:01
  • Cat:SMW
痛っ・・・・ 頭の中がジンジンする・・・・なんでだ?
俺は辺りを見渡すが真っ暗で何も見えない・・・。
「ここは・・・・どこなんだ?」
周りをキョロキョロと見ていると俺の正面の方に小さな光らしきものが見える。
「あれは・・・・?」
するとその光はしだいに大きくなり俺の周りを包むように光は広がった。
「ぐっ・・・眩しい・・」
手で顔を隠して光の眩しさから防ぐ。 すると耳元から女の人の声が聞こえる。
「なんだ・・・・?」
動揺している心を無理に落ち着けさせる。 すると声はしだいに大きくなっていく。
「こ・・・コ・・これ・・」
 なんだ・・・・なんかの放送か・・?
「これから・・・ブレインチャージャーを行います・・・・」
 ブレインチャージャー・・・? 夏美も前に言ってたな・・・
俺は前にSMWで夏美がブレインチャージャーって言って事を思い出す。
「最初に身体をスキャンいたします」
そう声が聞こえると俺の身体を赤いレーダーで無数に浴びされる。 なんか不思議な感覚だ。
それにしてもなんで俺はここにいるんだ・・? 
「次に身体の詳細を入力して下さい」

また声が聞こえるとレーダーらしきものは消え、
俺の前にホログラムのキーボードが出現する。 
まさか・・・ここは・・・・『Sword Magic World』の中なのか?
それだとしても身体の感覚は本物だ。どういうことなんだ・・?
キーボードの上にホログラムの画面が表示され、細かに身体の項目があって、手の長さとかもある。 
俺は気が進まないがキーボードで自分の身体の情報を書き込んでいく。
「えーと身長は・・165と」
最後の項目を終えるとまた声が
「最後にIDとパスワードを入力してください」
画面の表示が変わり、『Sword Magic World』のIDとパスワードの入力画面になる。
やっぱり・・・ここはSMWのはずれの空間なのか?
俺はIDとパスワードを渋々入力。
入力するとまたまた声がしかし何かさびしそうな・・・
「これでブレインチャージャーを終わります 引き続きゲームを楽しんでください」
一瞬光が消え、俺はどこかわからない草原エリアに居た。
コスチュームは前にログアウトしたときと同様の装備。
昨日ログアウトするさいに装備していた武器がなくなっている。
しかし・・・周りを見渡してもモンスターの沸きがない。 バグってるのか・・・?
目を細めて周りを見た見渡せていたら遠くの方に何か人影みたいのが見える。
俺はその人影の方向へ走る。 しかし・・・なんか足の感覚とか手の感覚がリアルすぎて怖い。ってあれ?
俺今どうやってこのアバター動かしてるんだ・・・? コントローラとかキーボード触ってないぞ・・・?
そう思って息を乱しながら走っていると見えてくるその姿はPCじゃなくて巨大なモンスターだった 
しかも見たこともないモンスターの形。 竜のような、鳥なのか分からない形で羽が4つある。
目は緋色でリアル感が凄すぎる。
「なんだよ・・・このモンスターは・・・・」
立ち止まってそのモンスターを見ていると、モンスターが此方を気づいたのか俺に睨んでくる。 凄まじい殺気。
冷や汗をかいてしまうほどだ。
すると、モンスターが俺に向かって突進してきた。俺は左にジャンプし転がりながら間一髪で突進から避ける。
武器を出そうとするが出し方が分からない。 
「糞・・・・どうやってイベントリ表示するんだ・・・? 」
イベントリを出そうとしてポーズとかしていたらモンスターが口を俺の方向に向ける。
「まずい・・・! ブレスか・・・・!!」
俺は避けようと身体を動かそうと思うがたぶんこの距離じゃ・・・避けられない。
俺は両手を前に出してダメージを最小限にしようという選択をとる。
モンスターが蒼い炎のブレスを俺に向けて放つ。 
「耐えられるか・・・・・!?」
ボワァと俺の身体を蒼い炎が包む。 しかし、俺はその衝撃で10m近く飛ばされ、炎でのダメージは最小限となった。
だが地面に叩きつけられてかなり痛い。
立ち上がると、何か俺の頭の上に画面が表示される。
まさか・・・・・
俺はその画面を見るとイベントリとイベントリの出し方の説明の画面がでている。
読んでみると 
まず、イベントリを出すのには思いっきりイベントリと思ってください。
そうすると脳の電気信号からヘッドギアに脳からの伝達が着ますのでそれで表示されます
 なるほど。。。だからか・・・・イベントリって思えばいいんだな
その後アイテム選択のさいホログラムの画面にあるアイテムのアイコンを触れてください
ふむふむ・・・・やってみるか・・・って相当やばい状況だから武器が・・・・
俺はイベントリにあった『ソードエスレクト+2解』のアイコンを触れる。
すると左手に『ソードエスレクト+2解』が構築される。感覚も何かを握っている感覚が。
俺は『ソードエスレクト+2解』に腰に装備しておいたエネルギー弾のカードリッジを装填すると
光エフェクトの黄色い刃がブンと音を立てて構築。
 これで戦える・・・しかし・・・なんだこの感覚は・・・・マジで『Sword Magic World』の電脳空間なのか・・?
俺は居合いの構えで一刀を持ち、10mぐらい先のドラゴンに向かって颯爽と走り出す
ドラゴンは俺に気づいたのか俺に体を向けて雄たけびをあげる。
俺はそんな事も気にしないでひたすらドラゴンに向かって走り続ける。するとドラゴンがブレスを5,6発放つ。
俺は見極めてギリギリの所で避けるが、炎上ダメージで微かにHPの1%のダメージを受ける。
だが、今の俺のHPは4桁はまだある これぐらいだったらまだまだ。
ブレスを避けながらも俺は間合いに入り、ドラゴンにスキルを放つ。
 『一刀・一風』
ドラゴンに爆風を放ち、ダメージとひるみを与えようとする。 しかし、ダメージは食らうものの黄色ゲージでストップ。ひるみはないようだ。
「チィ・・・こいつ・・・スタンス耐性があるのか」
俺は一旦距離をとり、一刀を両手で構える。 ドラゴンは鼻息を鳴らして臨戦体勢のようだ。
というかここで死んだらどうなるんだ? やっぱり町に戻るのか。・。。?
スポンサーサイト

二章

  • 2011.11.23 11:13
  • Cat:SMW
店の中に入ると異様な・・・まるでホラー映画でもでてきそうな雰囲気な空気だ
蓮もさすがにこの雰囲気には気づいてちょっと震えてるようだ。
まぁ見渡すと宝石、装飾品といった品々がショーケースの中に入っていてその辺は普通の店のようだ。
「さて・・・夏美買いたい物あるか・・?」
「う~ん・・・・」
夏美があごに人差し指で触れながら少し考えているが目線が一つのショーケースに定まっている。
俺はその見ている視線からして5個あるショーケースの内左から2番目のショーケースの品々を見てみると
ブレスレットや指輪、時計などといったアクセサリーのコーナーっぽい。
「このブレスレットかな・・・」
夏美が俺が見ていたショーケースの方向に指をさす
中を見てみるとベース銀色の金属(?)で花の模様が装飾して、所々アルファベットが刻んであるブレスレットがある。 これか・・・?
「これか・・・?」
「うん 買ってきてもいいかな?」
「あぁ いいが・・・」
夏美は店員を呼びにレジの方へ歩いていく。
蓮が「チャンスだ ちゃんと値段見ておけ」といらないアドバイスをくれる
まぁごもっともだ、確認しておかないとな 値段が大事だしな

『花のブレスレット 5000円』
 うん・・・まぁまぁ予想していた額だ。少し加奈の言っていた値段とは違うがまぁ予算内だ。
そう思っていると夏美が店員を呼んで戻ってきたようだ。
夏美の後ろには背の高い執事服を着た20代前後だと見られるお兄さんを呼んできた。
顔はかなりのイケメン、そしてイケメン髪型 、 なんとも羨ましい。
店員はショーケースの鍵を取り出してショーケースを開ける。 
その後俺が見ていた花の装飾のブレスレットを取り出す。 
「此方でよろしいいでしょうか?」
「はい」
夏美がカバンから財布を取り出そうとする。しかし、俺は事前にポケットの中に財布を入れていたんだ
俺はすぐさま財布を取り出して1万円、諭吉さん一枚を取り出す。
「これで・・・」
「はい・・えーとお釣り持ってきます 少しお待ちを」
店員がレジに向かって早歩きしていった
「・・え・・? えぇ?」
「・・・・」
夏美がなんか動揺している。 なんか笑いが込み上げてくるが少しふんばろうか
そして蓮が「よくやった」と小声で親指を立てながら言ってくる。 こいつあとで殺す。
「金は俺が出しておいてやった ダメだったか?」
「ううん ダイジョウブ・・・」
なんか片言になったよな? 
辺りを見渡しているとノートPCが目についた
なんか聞き覚えのあるBGMが流れてる。 あれ?これって・・・?
そのPCの前に行くと『Sword Magic World』の日本エリアの風景が画面に広がっていた。
そして画面左下を見てみると・・・・
「・・・魏・・・? まさか・・・・」
俺が画面を見ていると何時の間にかその店員が後ろに立っていた。
「・・・すいません・・」
「いえいえ 気にしていませんので」
「あの・・・あなた魏なのですか・・・?」
「・・・え? 俺の事知ってるの?」
「俺・・涼です・・」
「・・・え? 涼君・・? うわっ・・よく見れば顔そっくり」
店員が口を押さえながら笑いを我慢している。 そうだよなぜか似てるんだよな・・・どして?
「しかし・・・涼君山形とは聞いてたけど・・住んでるところ近かったんだ」
「そうだね」
「って涼・・・中学生だったのかよ・・・・」
魏と話していると夏美達がいつの間にか来てこっちをじっと見ている
やばい・・・機嫌悪くするとこいつ面倒だからな・・・・
「いぁ実はな・・・・・」
「ん? この子涼の彼女さん?」
「違うよ」と俺はきっぱり答える
ベキ!っと音がしたときには俺の体が吹っ飛んでいた。 痛っ・・・・
なんでだ? 俺変な事言ったっけ?
魏が腹を抱えて爆笑していやがる・・・。 SMWでPKしてやろうか・・?
しかも蓮とも一緒か 絶対2人PK確定だ
「あぁ 涼とはSMWでは狩り仲間なんだ よろしくな」
「そうなの? 私はシークローズこと夏美よ よろしく」
「・・・え? 君シークローズcなのかい? あのトップランナーの・・・」
なんか話し声が聞こえてくる俺もさっさと起き上がらないとな・・・・・
「実はよぉ・・・こいつの2ndjobになるのに手伝ってたんだよ」
「え? 涼2ndjobしたの?」
はっ! 俺はつい最近この店員(魏)に手伝ってもらい、2ndjobとかなり強力なチート気味の武器をもらったのは言わないでおこう。 絶対に見せろ見せろコールが始まるから。
「まぁな・・・別にそれ以外は何にもないからな」
「そか もしレア武器とかあったら見せてね」
うん。絶対に言わないでおこう。 なんだが盗られそうで怖い
俺は逃げようとちょっとずつ歩いていると、黒い眼鏡らしきものが目についた
俺はそれを手に取り、微かに傷があるが気にせず確認する。そしてその眼鏡をかけてみる。
「魏~・・・これ何?」
俺はかけている眼鏡を指差しながら言う。 すると魏が瞳孔を見開いて俺の所まで走ってきた
「お前! それ!? ブレインチャージャーだ! さっさと・・・」
「・・へ?」
すると景色が見えなくなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

HEY HEY!
やっとネトゲの話に戻ってきたぜよ!
おっと大事な報告! 番外篇1,5章を掲載することになりました!
日は後日お知らせの方に書いておきますのでどうぞよろしくお願いします!

二章

  • 2011.11.21 15:02
  • Cat:SMW
蓮をつれてくるとなんか顔を膨らませてムスっとしている。これは機嫌が悪い。
俺なんか変な事したっけ?
「よぉ・・・夏美・・・」
「・・・・・・・・・」
黙ってこっちをじっと見ている。 なんかにらんでいるのか?
俺はその視線に負けそうになり後ろに体を引きそうになるがなんとかその場に踏みとどまる。
そしてな気持ちが悪い汗が滝のように流れる。
「いや~・・さっきそこの方で見てたからさ連れてきちゃったんだが」
「・・・・そう」
何? その冷たい視線・・・ホラー映画でもこんなに汗なんかでることは滅多にないんだぞ・・?
「まぁ・・・邪魔はしないみたいだけど」
「それならいいかな・・・・・」
「そうか! ありがとな」
「うん・・・・・」
夏美が頬をポリポリと掻く。 顔を赤くしていてなぜそうなっているのかは俺は分からない。
「じゃあ行こうぜ さっさとな・・・」
俺は夏美の手を手にとり、繁華街へと歩き出した。


繁華街 1-b

ここ隣町の繁華街は俺や夏美が住んでいる村とは違い、かなりのにぎやかな声で活気が溢れていた。
村の商店街なんて紺子鳥が鳴くぐらいに静かなのにここまでの差があるとは・・・・
俺はその思いながら少し驚いている。
「さてと・・・『アイビ』という店はどこだっけな・・・・」
必死に頭の中の地図をピラりんと音を立てて展開するが少しぼやけているようだ
思い出していると夏美が俺の手を引っ張って繁華街の奥へ入っていく。
奥に行くにつれてたくさんの人が溢れかえってる。
 人口密度が高いのかめっちゃくちゃ暑い。50℃ぐらいあるんじゃないのか?
歩いていると一軒薄気味悪い店が見えてきた。 もしかして・・・
「あの店がアイビか・・・?」
「そうだけど・・・どうして?」
「いや・・・予想していたのよりと遥かに違うからさ・・・・」
俺の予想は輝かしい店内で装飾もしっかりしていかにも都会って感じだったんだけどな
やっぱ福原に聞いとけばよかったかな・・・・?
俺はそう思いながら自分の計画の無さにあきれを感じていたら、グイっと手を引っ張られる
そしてアイビという店の中に気が進まないが無理やり(半ば強制)で入っていった


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

この前進路相談がありましたww
まぁ志望校変更で兵庫の某男子校T高と公立のS高に受験することになりました
これからも勉強しながらも小説続けていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします




二章

  • 2011.11.17 15:00
  • Cat:SMW
ゼェゼェと息を切らしながら走っていたらいつの間にか学校の外の芝があるところに座り込んでいた。
「チィ・・・あいつら何十本も鉛筆投げてきやがって。」
俺は頭を掻きながらぶつぶつと文句を言う。 夏美は少し横になって呼吸を整えているためなのか深呼吸を行っている。
たぶん、いきなり走ったから酸欠なのか・・・・?
俺も呼吸を整えながらも少し屈伸とかしてみる。なんかポキポキ関節の音が鳴ってる。やっぱり運動不足か・・?
「ふぅ・・・じゃあそろそろいくか・・・?」
「うん やっと息が・・・」
夏美が少し躓いてこけそうになるが俺が右手をさっとすばやく手に取り体を支える
なんか足が震えているように見えたが気にしないでおこう。
「大丈夫か・・・?」
「うん ありがと」
俺は夏美を支えながらも立たせて手を離す。
なんか結構夏美が可愛く見えるのは錯覚なのだろうか?
 なんか視線を感じる・・・
後ろを見てみるとさっと壁の後ろに隠れた人陰が見えた。 俺は「ちょっと待っておけ」といってその壁に向かって走る。 壁の後ろを見てみると・・・・・
「・・・蓮・・?」
「あちゃー・・・ばれちゃったか・・・」
頭を掻きながらニヤニヤしている蓮の姿があった。 俺は怒るのも呆れてぼう然と立つ。
「お前・・・何してるんだ・・?」
「ん? あぁお前らのデート見届けようと・・・」
俺の渾身の右ストレートを放そうと思うが今こいつを殴ったら蓮親衛隊の女の子が来るのは間違いないだろう。
なぜなら蓮のカバンからキラリと輝く小型カメラのレンズが見えたからだ。おそらく蓮の事をじっと監視しているのだろう。ここまでくるとさすがの俺も『あなたは最高級S級ストーカーの賞状をあげましょう』と言いたくなる。
「まぁいいや 何時から付いて来てたんだ?」
「いぁさっきの結構良いムードになってる所は見た」
やばい。怒りと憎しみを込めた拳で殴りたくなってきた。
しかし、俺も小学生じゃない・・・ここで殴るのもやめておこう。 もっと場所を遠くにしてから実行しようか
「まぁいい・・・お前も着いてきてくれ・・・俺一人じゃ何されるかわからんからな」
「え? お前が襲うんじゃないのか?」
こいつ絶対後で殺す。
俺は殺気をなんとか抑えて蓮の腕を掴む。 そして無理やり力をいれて夏美の方へ蓮を引きずりながら歩く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

はーい ただの受験生です。
最近リアルで祖母が怪我して母親が実家へ帰ってしまっていたのでずっと家事をしていたわけです。 うん。(言い訳じゃないよ ネタが思いつかなかったからじゃないよ?)
まぁこれからも小説ご愛読よろしく




二章

  • 2011.11.04 18:15
  • Cat:SMW
俺は自分の技術の向上に心底驚いてしまっている。
修繕が終わる時にはクラスメイトのほとんどが席に座ったり、話したりしている
なんだね この日常的な学校風景は・・・こっちは非日常の床の修繕だぞ? 中学生がすることじゃないぞ?
俺はそう思いながら工具箱を教卓の近くに置き、窓側の一番後ろの席に座る。
すると隣の福原が話しかけてきた。 なんだかおろおろとしている様子。 
まぁ俺はそういうのは別にかまわないけども
「お疲れです」
「あぁ・・・・もうこの行動が日常化してきてるような気がするのは俺だけか?」
「う~ん そうじゃないかな?」
「おいおい・・・普通に適応できるのか?」
「まぁそれが青川君じゃん」
加奈がにこやかに笑って話してくる
なんかイラついて来る・・・ やっぱり俺はこのキャラなのかな
そう思っていると学級委員の男子が号令を言っている。 面倒だな
「起立!」
みんなシュッパっと立ち、俺も少し遅れながらだが立つ。
学級委員の男子が深く息を吸って
「気をつけ! 礼!」
礼をみんなしっかりぽっきりとして「お願いします!」といくつもの声が重なって教室中に響き渡る。
そしてガタガタと音を立てて座る。
担任の小林(ゴリラ)がトントンと出席簿を教卓に叩く。
この音だけが聞こえる なんとも不思議な時間なんだろうと俺は思う
「え~と 今日は夏休みの始まりの7月20日。 そして一学期の終わりでもある」
みんながじっと先生の話を聞いていて、俺以外みんなおとなしく姿勢を正しく聞いている
「夏休みは若者がはしゃぐのはしょうがないことだ」
あれ? 先生がこんな事言うとは なんとも珍しい。
「だが、みなはちゃんと勉強やら宿題やらでしっかりと礼儀を生活態度は変わらないと思うがー」
まぁ俺は宿題とか勉強は必要最低限ぐらいで後は遊びほうけて終わらせようかな
受験勉強とかはちゃんとしていくと思うけど
俺がそう考えていると何かが飛んできた。 机にめり込みそうになっているが突き刺さっていないチョーク
こんな恐ろしい速度で投げられるのか? あの先生は?
「青川 ちゃんと話を聞いておけ お前の事を言っておるのだぞ?」
はっはっとゴリラと合わせて笑う。 だけどゴリラの目が異様な感じがしてとてもじゃないが笑っている目じゃない
「それでは 皆夏休みを有意義に過ごすように! 起立!」
また起立かよ まぁいっか これで1ヶ月ぐらいはゴリラの顔を見なくて済む
「礼! ありがとうございました!」
「「「「「ありがとうございました」」」」」
皆カバンを持って先生から逃げるように教室からでていく
俺もカバンを持って帰ろうと教室からでようとする時、何か肩に乗っている。
なんだろう? この感覚からして手だろうか?
後ろを向いてみるとニコニコとした夏美の顔があった。
「なんだ 夏美か」
「放課後の約束覚えてるよね?」
「・・・・・・・・・・・・・あ」
そういえば放課後繁華街に行く約束していたんだっけ
ゲームしようと早く帰ろうとしたのに
「あぁ 覚えているとも! 当然じゃないか」
ここで断ってみてみろ俺の命が塵になるのが目に見えている
「そっか・・・・じゃあ行く?」
「あぁ 行くか・・・」
ん!? 殺気!?
俺はすぐさま下に体を屈ませると俺の胸の位置に鉛筆が投げ込まれている。
こんなことをするのは・・・・・・
俺は後ろを振り返ると怒りに満ちた一部の男子がいる。
その姿は何本ものの鉛筆を指と指の間に挟んで投げようとする構え。
 こいつら・・・ 哀信者か・・・
この学校には2割の男子生徒が結成、活動している哀とは? という教みたいのが布教している
普段は目立たない生徒が参加し、カップルやら幸せそうな姿を見ると憤怒と妬みがでてくるという教を教え込まれたいわゆる兵士たちなのだ。 なぜか俺も度々お世話になって襲撃を受ける。
 なぜだろう? 俺彼女なし=年齢なのに
「チィ・・・さっさと退散しよう」
俺は夏美の手を掴み教室から猛ダッシュで鉛筆の連弾から逃げていった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

は~い しばらく振りですな~
久々に書いてみたらこんなに量が溜まっていたという・・・・・
テストも一段落してPCの前に引き篭もっているという・・・悪循環
まぁまたテストもあるので暇つぶしはできませんな^p^
ってことで勉強してきます
それでは
ノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。